奏法紹介その3
奏法ネ−ム 3. 『逆さまでポン!』奏法。

まずフル−トを逆さまに持ち
端から、まあ3つ4つ程キ−をおさえます。(図1)

人さし指と中指をそろえておしりのほうを叩きます。
微妙に指の間を開け閉めしてもよいでしょう。(図2)

「音を出してもよろしいんでしょうか?」位の謙虚な
「ポン、ポン。」という音がします。

相当マイクに近づき、かつ、
聴く側の、聴いてあげようという姿勢も大事です。

注意     叩く代わりに吹いても良いが、
       やっぱり大した音は出ない。
足部管を 図1


図2
叩いている