私的書き込み
・・・[0000口] ←[最新]→ [2020夏]
 
笛吹一言メモ
new

I played.. -{youtube}-

Daydream Believer - The Monkees(Flute Solo)
Kazuo Yoshida(Flute)

https://www.youtube.com/watch?v=GbEnydhMykk

2021/1/20笛吹き野郎


クイック書き込み
ライブの一曲目は10拍子を選んだ。
10拍子の可能性としては、例えるなら
ジャズの名曲テイクファイブを二回
(3+2 + 3+2=10)でもいいし
テイクファイブを大きく倍で取る(6+4=10)
逆パターン(2+3 + 2+3=10)でもいいが
今回の曲はテイク・ファイブ、ファイブ・テイクなパターン、
3+2+2+3。

勿論演奏中は数えているわけはなく
歌っている、ノッている、つまり
「踊っている」とすると解りやすいかもしれない。
大雑把にスリーステップ(3歩)
いち↑ト↓、にい↑ト↓、さん↑ト↓
2  1 2  2  2 1

日本人は兎角(とかく)大雑把を嫌うが
ナマリ、ノリなど、それで見えてくる物もある、
考えるな感じろ、いや日本人として
考えるし感じもする、が出来たなら最高ではないか。
2021/1/19笛吹き野郎


クイック書き込み
1/15(土)Nuvires-La配信ライブチャンネルはこちら。
(よろしければ概要欄にドネーションリンクがあります)
セットリスト紹介

https://www.youtube.com/watch?v=QkUYSKDOafo
アーカイブもあります。
(Nuvires-Laの演奏は2:11:40から)
2021/1/14笛吹き野郎


クイック書き込み
先日の放送の収録は
2時間程だったがあっという間で、
元来、振り返る事をしない性分なので
良い機会をもらえて楽しかった。

いままでの音楽歴について
インタビューを受ける、と予告されていたので
今まで関わったCDや若き頃良く聴いた音源など
聴き直したりしてみたが
人に関わる
なぜ知り合ったかとか録音に至る経緯とかが
恐ろしいくらい全然思い出せない。

逆に、音に関しては20年前の音源でも
ここで次の小節でどう吹こうと思っていたか、など
鮮明に覚えている所もあって
記憶とは不思議な物だなと思う。

〜思い出した音楽履歴〜
きっかけは山下洋輔。
セシル・テイラー、アンソニーブラクストン、ジャック・ディジョネット、
スティーブ・レイシー、スティーヴ・コールマン、そして
ジャズ・ジャイアント達は軒並み勉強の様に聴いたが中でも
ドン・プーレン、エリック・ドルフィー、チック・コリア、
キース・ジャレット、変わった所ではボビー・マクファーリン。

ボサノバ、MPBを始めてからはジョビンからスタートして
エドゥ・ロボ、カエターノ、アナ・カラン、そして
エグベルト・ジスモンチ。エルメート・パスコワール、
ミルトン・ナシメント、トン・ゼー。

プログレを始めてからはイエスから
ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、ハットフィールズ&ザ・ノース、
最近はジェントル・ジャイアント、フィル・マンザネラ。

民族音楽方面を始めてからは、フルック、カン、
イポ・パパゾフ、バルセロナ・ジプシー・バルカン・オーケストラ。
これでは2時間で収まる訳がない。
2021/1/14笛吹き野郎


クイック書き込み
1/9(土)21:00から、youtubeライブ配信に、
ゲスト出演します。
EVERYBODY KNOWS?RebornRadio「リボラジ」
私の半生に関わるコアな音楽が流れます。
アーカイブもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=l4IXlSTT1_w
2021/1/9笛吹き野郎


クイック書き込み
次回のライブでは6カ国の曲を演奏する。
アラブ、ルーマニア、スウェーデン、
トルコ、ブルガリア、デンマークである。

トルコの曲のリズムはカルシラマという、
2+2+2+3の9拍子。
トルコでは珍しくはない、しかも
テンポ感は違うが同じ様なリズムが
ギリシャではゼイベキコ、
ブルガリアではダイチョボと呼ばれ、
よく演奏されている。
ヨーロッパが地続きで、ジプシーの人々等が行き交い
文化が流動的に影響しあっているのではと、踏んでいる。

スウェディッシュの曲では
3+3+3と2+2+2+3の9拍子が交錯していて
不思議な雰囲気を出している。
日本は4拍子ばかりやっている特殊な国なのだ。
2021/1/5笛吹き野郎


クイック書き込み
管楽器の多くに真鍮が使われる中、
フルートは銀笛と言われる様に
スタンダードな材質には銀が使われる。

色々な材質が長い期間に淘汰され
銀にたどり着いたのだろう。
響きにとってはこの比重、堅さや重さが重要らしい。
が、この時期の私の唇にとってはこの金属の
「熱伝導率」が重要なのだ。
実は銀の熱伝導率は。最も高い金に次ぐ420W/mk
ゆえに外気が寒ければすぐ冷たくなる。

想像して欲しい。キンキンに冷えた金属の棒を
唇にピタっと、つける前に少しでも温めようと
ハーハー息を吹きかけるが、無情にもエラい人の
「テイク1始めマース」という声が聞こえてくる事を。
2020/12/12笛吹き野郎


クイック書き込み
久しぶりに10人以上でアンサンブルするライブ。
とはいえ2バンド合同で同じ曲を演奏するので
ツインギター、ツインキーボード、ツインベース、ツインドラム。
迫力は凄いが同じ曲の同じパートなので
ドラムなど振り付けしたかのように同じ動き。
時々違う動きの所は相手を見て
良い感じのフィルをブッ込んでいたのかなと思ったり
見ていてもととても楽しい。

そして迫力のある音のライブは久ぶりだったので
音を浴びる様に聴ける「ライブ」とは
本当に良いものだなと思った。
2020/11/29笛吹き野郎


I played.. -{youtube}-

Kazuo Yoshida(Flute) Tetsuya Ishii(guitar)

The Soft MachineのDedicated to you but you weren't listeningの
Answer songとして、2019年に多国籍音楽ユニット「Nuvires-La」
カンタベリー・ミナス特集ライブにて初演された曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=nc-X77i_YRs

2020/11/26笛吹き野郎


クイック書き込み
なんと7年前に録音した物が
やっとリリースされるという事で
久ぶりのメンバーとリハ&ライブ
当時の音源で予習しリハに望むも
案配が思い出しきれない。
メンバー同士も、ここどうだっけ、
その質問7年前もしていたよ。
というくだりがあったり

7年間で色々あったはずが
意外と自分は変わっていないのだなと
ちょっとショックを受ける。
これから7年間も頑張ろう。

2020/11/7笛吹き野郎

  パンパンデイロ、バウバウロン。
○○


































































































































































































































2020/11/14笛吹き野郎


クイック書き込み
横笛、縦笛のほかに世界には
「斜め笛」というカテゴリがある。
アラブ圏のネイ、バルカン地方のカバル
と呼ばれる物がそれだ。
ただし鳴らし方は非常に特徴的で
フルート、尺八、ケーナ等は
歌口の穴と平行に唇を当てて吹くが
ネイ・カバルはなんと直角に唇を当てて吹く。
これを前から見ると斜めに構えている様に見えるのが
「斜め笛」と言われる由縁だ。

倍音成分がとても多く、ムラ息の具合に魅力的な味わいがあるが
フルーティストからすると全く異次元の技術で
吹きこなすのは至難の技だ。

で。先日のライブで取り組んでみた。
奇しくも昔から憧れていたサックスの斜に構える感じに似て
なかなか格好良い。→参考画像

2020/11/7笛吹き野郎

  曲目は→こちら
○○








































































































































































































































































Y
























2020/11/3笛吹き野郎

・・・[0000口] ←[最新]→ [2020夏]