私的書き込み
[2016冬] ←[2016夏]→ [2016春]
 
クイック書き込み

去年の八月に200曲の候補曲が送られてきてから
紆余曲折、
「昭和歌謡ポップスアルバムガイド」という本の
発売記念(一年たってしまっている)ライブが行われた。

編集の馬飼野さん、DJ真鍋さん、ライターのガモウ氏の
三つどもえのトークショー、そして
年代順に10曲にまで絞って生演奏。
時折挟むガモウ氏の解説はまるで知られていない
裏の裏の知識、この曲は6社同時発売だった、
当時のオリコン順位、バックのベースの奏法、
同じフレーズを使ってしまっているマイナーな曲、等
マニアック極まり無い。

昭和の知られざる名曲も沢山聴けて、非常に幸せな時間だった。
2016/9/30笛吹き野郎


I played.. -{youtube}-

Stolen Moments - Oliver Nelson(Flute Solo)
https://www.youtube.com/watch?v=3bXMgFtDUoo

2016/9/8笛吹き野郎

  季節の変わり目
○○







































































































































































cm


















































































2016/9/1笛吹き野郎


I played.. -{youtube}-

Bolero - Ravel (Flute Solo)
https://www.youtube.com/watch?v=iGqLPf7jenc

2016/8/21笛吹き野郎


クイック書き込み

横浜でジャズロックライブ。

対バンは何と25年ぶりに再結成するNOAというバンド。
とはいえそれぞれにバリバリに活動していたようで
皆とても上手い。

Quiはいつもの曲に加え、ピアノとデュオ、
フルートどソロの時間もいただき
デュオの時にフルートは完全生音で演ってみたり、
ボレロをフルートソロで、そこから即興演奏につなげてみたり
と結構バラエティある取り組みが出来た。

2016/8/16笛吹き野郎


クイック書き込み

私にとってカフェとは味、内装、BGMなのだが、
必ずしもgoodである必要は無いのだ。
フォーク曲オルゴールのBGMだとか、
折れた三日月の絵がかかっている、
メニューに熱寒紅茶(アッサムティー)とある、
机が廃材過ぎてガタガタ、とか
妙なこだわり、の中には愛がある可能性があり
それが感じられれば快(こころよ)いものだ。

椅子がフッカリしすぎてテーブルが胸の位置、
珈琲にサービス歌舞伎揚げが付く、
欧風内装だがジャニーズ系BGM、
カウンター席でマスターが雑談、
は、
ちょっと考えて欲しい。

2016/8/6笛吹き野郎


クイック書き込み

acoustiQuiライブ。
よくカバー曲をアコースティックアレンジで演るのだが、
編曲上、元はストリングスパートだったり
歌のハモリだったりをフルートで吹く。

フルート以外の楽器のフレーズを演奏するのは楽しい。
よくピアノやギターのアドリブなんかを
耳コピして演ってみるのだが
音を出す原理が違うとフレーズに対する考え方が
ずいぶん違い、それが楽しくもあり難しい。

今回、超絶技工派ギタリスト「イングヴェイ」の
アドリブ完コピで臨んだが、早弾き、手癖以上に困難だったのは
「息継ぎの無さ」だ。
管楽器は休符もなしに何分か演奏し続けると死んでしまうのだ。

和音が弾けたりオクターブが雑作もなかったりと
うらやましい事も多いが
音に「息使い」のニュアンスが入れられるのは
管楽器のかけがえの無い魅力の一つだ。

2016/7/11笛吹き野郎


ライブ映像

なかなか興味深いアドリブとなっています。

Qui - choute des fueilles - (2016-6-22)

https://www.youtube.com/watch?v=ydA8PBS5crY&feature=youtu.be
2016/7/2笛吹き野郎

○○


































































































































...


















...

PA









































...


...

































































































2016/6/29笛吹き野郎


ライブ映像

Qui - Ras Alhague - (2016-4-22)

https://www.youtube.com/watch?v=HlKihpOeMsc
2016/6/1笛吹き野郎


クイック書き込み

中国茶屋でライブ。
ミコル嬢のオリジナルと、
インストを何か2曲程と言われたので
「田舎の汽車」と「カリニョーゾ」をメドレーで。
両方ともブラジルではよく親しまれている名曲だが
実はこの選曲は先日聴きに行ったジスモンチが
「カリニョーゾ・田舎の汽車」の順で
演奏していたのに触発された故だ。

摘みたてだと言う鉄観音茶をいただいた。
良い香りだ。
アイスランドの、目力の強い、
猫の写真も壁に飾られ
写真家のトークコーナーもあり
青山の料理専門学校からケーキの差し入れもあり
さらに置いてあったアイスランド直輸入の
CDも買ってしまった。
出力より入力の方が多いイベントになってしまったようだ。


Carinhoso(Pixinguinha)
はショーロというブラジルの古いジャンルの曲
O Trenzinho do Caipira(Villa-Lobos)
は元はオーケストラ曲。

あともう一曲、レットイットビーを5拍子で演っちゃった。

2016/5/17笛吹き野郎


クイック書き込み

大塚でライブ。
ロックバンドなのでフルーティストにとっては音が大きい。
エレキバイオリン、電気ピアノのように電化出来ればと思うが
フルートは発音体が空気なので電化できない。
空気の振動を拾う「マイク」を使うが
そこで鳴っている音は全て拾ってしまうので
工夫する。
アンサンブルで笛が鳴っている時だけ他の楽器の人に音を下げてもらう。
ギターが鳴り止む一瞬の拍を狙って吹く。
(だから時々、一撃必殺を狙う武士のようだと言われるのだろう。)
変な音、変わった玩具笛、光らすなどして注目だけでも集めたり、
まあ、ちょっと聴いていただきたい訳です。

ライブ映像

Qui - pine resin - (2015-2-09)

https://www.youtube.com/watch?v=HR7Uc-vUOUw
2016/5/8笛吹き野郎



クイック書き込み

友人が本を出した。
(私も巻末にほんのちょっと名前を出してもらっている。)
コード進行をはじめ臨場感のある細かな解説、
曲制作の経緯やマニアックなウラ話など、
ミュージシャンには特に刺さる内容。
単純に面白くてフムフム言いながら読んでしまう。

ガモウユウイチ『昭和のTVアニメ特撮主題歌大百科』。
http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK117
400ページに渡ってアニメ、特撮、児童番組の主題歌を、音楽理論的に分析。

ご興味わいた方、是非。
2016/4/27笛吹き野郎


  couldn't go to a cafe
○○














































































































16














16
















1km
































































































































2016/4/4笛吹き野郎


--BGM--

Jazz Dispute ("Leap Frog", from Bird And Diz.)

http://www.youtube.com/watch?v=gsBC5C5ERho






[2016冬] ←[2016夏]→ [2016春]