Bougainvilleas Live at mviringo
             (2023.12.9)
 1.Bjornekaeden
 2.美貌の青空
 3.Clube da esquina No.2
 4. 09 Slip Jig/Aksak
 5.深夜のワルツ
 6.Los Guisados De La Berenjena
 
1.ビョルネカエデン:デンマークのバンド「ハウゴー&ホイロップ」
 の7/8拍子の曲。Bjorne-kaedenは熊-鎖の意味。
2.美貌の青空(坂本龍一)。2006年公開の映画『バベル』で
 劇中ラストで使われている曲。
 題名は暗黒舞踏の祖である土方巽氏の著書名から。
3.街角クラブ ナンバー2(M.Nascimento/L. Borges)
 72年のアルバムに収録されている。軍事政権による検閲のためか
 スキャットで唄われ、後に若者、道、夢という言葉を織りこみな
 がら「どんな事でも歌になる」という歌詞がつけられています。
4. 09 スリップ・ジグ/アクサク(石井鉄也)。スリップ・ジグは
 アイリッシュの3+3+3の9拍子曲。アクサクはトルコの2+2+3の
 9拍子曲。異なるジャンルを合わせた石井氏のオリジナルです。
5.深夜のワルツ(市川ミコル);早い3拍子の市川ミコルの
 オリジナル曲です。
6.ナスのレシピ(Sephardic Trad):伊・バルカン半島・中東等
 に住むスペイン系ユダヤ教徒であるセファルディの古い歌で
 原曲はナスの料理を紹介する歌詞がついていますが、市川ミコル
 によるオリジナルの歌詞をつけています。

市川ミコル(Vo.)
吉田一夫(Flute)
石井鉄也(G.)