「Nuvires-La」 Live at cactus


1.Lamma Bada Yatathanna(アラブ)

2.Hora de la Munte(ルーマニア)

3.Farmors Brudpolska(スウェーデン)

4.Rampi Rampi(トルコ)

5.Gankino Oro(ブルガリア)

6.BjorneKaeden(デンマーク)

1.ランマ・バダ・ヤタ・サンナ:西暦800年頃のアラビアントラッドの有名曲。
 美しい踊り子に心を奪われる、という内容。10/8拍子のサマーイのリズム。
2.ホラ デ ラ ムント:ルーマニアの舞踊(ホラ)。
 「山のホラ」の意。山岳地方の舞曲と思われる。6/8拍子。
3.ファルモルス・ブルドポルスカ。「農夫の建物の曲」の意。ケルト系
 の3拍子感とトルコのリズム、カルシラマの影響も感じられる9/8拍子。
4.ランピ・ランピ。2+2+2+3のカルシラマというリズム。
 酒宴で歌われるようなトルコの有名曲。
5.ガンキノ・オロ:「Gankaの(踊り)」(Ganka:女性の名前)
 oro →「輪舞」。ブルガリア北部地方の女性舞踊。11/16拍子。
6.デンマークのバンド「ハウゴー&ホイロップ」の7/8拍子の曲。
 後半さらに5/8との複合拍子になります。Bjorne-kaedenは熊-鎖の意味。

Nuvires-La(ヌビレスラ)
ケルト〜バルカン〜中東〜南米、各地音楽のつながりを感じつつ自由に演奏するべく結成
石井 鉄也(guitar) 吉田 一夫(flute) 瑞穂(Violin)
ゲスト:koyu(B.)